スペイン・バレンシア市で脱線事故

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search
バレンシア市のスペイン内での位置(資料)(GFDL)

【2006年7月4日】

日本経済新聞によると、スペインのバレンシア市の地下鉄の駅で3日、車両脱線し、死者30人を超す事故が起きた。AP通信は死者が少なくとも41人、負傷者が47人と伝えている。

事故は3日午後1時(UTC+2、日本時間午後8時)ごろ起きた。読売新聞、朝日新聞によれば、市中心部のヘスス駅近くのカーブに差しかかった4両編成の列車が脱線し、2両が横転、トンネルの内壁に激突した。理由はスピードの出し過ぎと伝えられる。

APによれば、ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ首相は、インド訪問を短縮した。当地を訪問予定だったローマ教皇ベネディクト16世は、犠牲者のために祈りを捧げた。国王フアン・カルロス1世は悔やみの言葉を述べた。欧州議会は犠牲者のために1分間の黙祷を捧げた。

出典[編集]