スパムメール送信に新たな手口、小さな島国のドメイン狙われる

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年11月6日】

RBB によると、アメリカ合衆国のセキュリティソフト販売会社マカフィーは6日、小さなあまり知られていない国のドメインスパムメールの送信元アドレスなどに使用する例が増えていると報告した。該当国には島国が多いため、同社では「島巡りスパム (spam island-hopping)」と呼んでいる。

RBB、CNET によれば、スパムメールの送信には、これまで「.com」「.biz」「.info」といった一般的なドメインが使用されることが多かった。しかし、最近サントメ・プリンシペのドメイン「.st」の使用頻度が以前に比べて高くなったため、この事態に気づいたたという。使われるドメインには、このほか、アメリカ領サモア「.as」、ココス諸島「.cc」、マン島「.im」、トケラウ「.tk」、トンガ「.to」、ツバル「.tv」などが多い。

同社では、これまでスパムメールにあまり使用されてこなかったドメイン名を使うことによって、スパムでないように見せかけるためと見ている。実際、これらドメインは、スパムを自動的に検出するスパムフィルタに登録されている確率が、一般的なドメインに比較して低いという。

出典[編集]