ジュビロ磐田・菊地選手1年間の選手登録停止

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年7月6日】 デイリースポーツによると、6月13日に淫行の罪で逮捕され、起訴猶予となったJリーグジュビロ磐田菊地直哉選手(22歳)について、日本サッカー協会は7月5日の理事会で同日から12ヶ月(1年間)の選手登録停止処分を科すことを決めた。これは日本協会の裁定委員会の処分案を承認したもので、社会的に重大な事件として、一定期間は活動停止させる必要があるとして今回の処分を決めた。なお菊地選手は6月29日に、ジュビロとの選手契約を既に解除されている。

産経新聞によると、日本サッカー協会の田嶋幸三専務理事は「本来は罰則の権限はないが、違反行為は社会的に見て重大なので見過ごすことができない」としている。登録外選手を協会が処罰したことは過去にない。なお処分は日本国内のみで、日本協会など国内大会の試合出場や他クラブへの移籍加入はできないが、クラブの練習は参加できるとしている。また海外クラブへの移籍に関しては拘束力がないとしているが、日刊スポーツによると川渕三郎協会長は「国内でみそぎを済ませてから次を考えるべき」との考えを示した。

出典[編集]