ジャーマンウイングス9525便墜落 - フランス・アルプス地方で

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
2014年に撮影された事故機
CC-by-sa-2.0

【2015年3月25日】

航空大手のルフトハンザ航空傘下の、格安航空会社(LCC)・ジャーマンウイングスが運航するバルセロナデュッセルドルフ行の9525便が、フランスアルプス地方で墜落した[1]

2015年3月24日午前(現地時間、UTC+1)、ジャーマンウイングス4U9525便(スペイン・バルセロナ発、ドイツ・デュッセルドルフ行/エアバスA320型機、乗員6名[1]、乗客142名[1]搭乗)は10時ごろにバルセロナを出発後、地中海上空を北上[2]。10時57分にフランス南部[注釈 1]バルスロネット近郊のフランス・アルプス山中に墜落した[1][2]。墜落現場となったフランスの政府当局は生存が困難との見解を示したが、フランス警察とフランス空軍などがヘリコプター等を動員し、救助と捜索活動を行っている[2]

墜落当時の9525便が救難信号を発信していたかについて、フランス民間航空総局は発信していたとする一方で、フランスの航空管制当局は発信がなかったとしている[2]。フランス内務省は9525便のブラックボックスの一部を発見しており、既に調査が開始されていると発表している[2]

当該機には日本人が搭乗か[編集]

当該機には日本人が2名搭乗していたと日本の外務省が発表している[3]。2名はそれぞれドイツ西部デュッセルドルフ在住で男性の、永田敏さん(60代)と、佐藤淳一さん(40代)とみられている[3][4]安倍晋三首相は25日午前(UTC+9)に「現在安否を確認中だ。確認を急ぎたい」と2名の安否についてコメントを発表したほか、「大きな惨事であり、犠牲となった方々に心から哀悼の意を表したい」とも話した[3]

このうち、永田さんは、鳥取県出身の男性で、同県に住む親族によると、3月24日に外務省から、墜落した旅客機の乗客名簿に載っていたとする連絡があったとしている。また別の親族によれば、永田さんはKDDIの元社員で、現在はドイツ在住。スペインには観光で訪れており、4月に一時帰国する予定だったという[4]

また、佐藤さんは東京都の機械関連商社である西華(せいか)産業のドイツ現地法人の支配人代行として勤務しており、現地3月24日、スペインの出張からデュッセルドルフにある事務所に戻る予定だったという。佐藤さんは6年前からドイツの現地法人に出向していたという[4]

運航時データ[編集]

事故当日の飛行ルートと墜落地点
CC-by-sa-3.0

当該機のフライト当日のデータは次の通り[1]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 Tadayuki YOSHIKAWA 『ジャーマンウイングスのA320、仏南東部で墜落』Aviation Wire、2015年3月24日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 『ジャーマンウィングスのブラックボックスを一部回収、フランス内務省』FlyTeam、2015年3月25日。
  3. 3.0 3.1 3.2 『墜落機名簿に邦人2人=安倍首相「安否確認中」-ブラックボックス発見・仏南東部』時事ドットコム、2015年3月25日。
  4. 4.0 4.1 4.2 『ドイツ機墜落 日本人2人の名前を発表』日本放送協会(NHK NEWS Web)、2015年3月25日。

注釈[編集]

当該機には日本人が搭乗か」のみ、時刻はJST(UTC+9)である。

  1. 情報源によっては「フランス南東部」

外部リンク[編集]