ジャック・ワーナーFIFA元副会長に永久活動停止処分

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年9月30日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

FIFA(国際サッカー連盟)の倫理委員会は9月29日に、ジャック・ワーナー元副会長に対して永久活動停止の処分を下したと発表した。

FIFAの倫理委員会は、2018年と2022年のFIFAワールドカップの招致に関連した不正疑惑に関連して、2015年1月からワーナー氏を調べていた。

その結果、ワーナー氏は、FIFA副会長や北中米カリブ海サッカー連盟会長の立場を悪用して、不正に利益を得ていた事が判明した。贈賄を禁じている倫理規定に違反したとして、永久活動禁止処分がなされ、ワーナー氏はサッカーに関連した一切の活動へ関わることが禁止された。

なお、ワーナー氏は2010年のFIFAワールドカップの招致に関連して、票の取りまとめの見返りに賄賂を受け取る罪で起訴され、トリニダード・トバゴにて逮捕されており、スイス検察当局でも9月25日に、ワーナー氏が会長を務めていたカリブ海サッカー連合とFIFAのゼップ・ブラッター会長が結んだ契約についても捜査を始めている。

情報源[編集]