ジェームズ・キャメロン監督、マリアナ海溝最深部への単独潜水成功

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)

【2012年3月28日】

ジェームズ・キャメロン監督(2010年撮影、CC-by-2.0

タイタニック』や『アバター』などの作品で知られる[注釈 1]映画監督ジェームズ・キャメロン氏が3月26日[注釈 2]、特別注文で製作された1人乗り潜水艇を使用して、世界最深であるマリアナ海溝のチャレンジャー海淵に到達することに成功した[1][2]

チャレンジャー海淵への有人潜水は、1960年に行われたアメリカ海軍の2人乗り潜水艇『トリエステ』による潜水以来[1]52年ぶり2回目の実例となり[2]、単独での潜水成功は世界初となる[1][2]

キャメロン監督の潜水に協力したアメリカ・ナショナルジオグラフィック協会によると、監督が使用した潜水艇『ディープシー・チャレンジャー』は今回の潜水のためにオーストラリアで開発。潜水の効率を良くするため、細長い形状になっているという[2]

監督は2時間36分をかけて潜航し[2]、26日午前7時52分(UTC+10)に水深10,898m[注釈 3]の海底に到達[1]。科学研究用の試料を採取したほか、写真ビデオの撮影を行うなどして[1][2][3]およそ3時間を海底で過ごした後、70分かけて海面に浮上した[2]

監督はTwitter上に「私が見ているものを早く皆さんと共有したい」とメッセージを投稿[2]。帰還後に行われた電話会談では、海底の様子について「太陽の光も差さない、温かさのない場所」と表し、「すべての人から切り離された完全な孤独を味わった。自分がいかに小さな存在か気づかされた」と話した[3]。なお、監督が海底で見つけた生物は小さなエビのようなものだけだったといい、今後の映画の題材に使えるような生物に会えたかという問いには「すぐには答えられない」とした[3]

注釈[編集]

  1. 時事通信より
  2. 時事通信では25日
  3. 朝日新聞では10,911m

情報源[編集]

本ニュースは「時事通信」および「朝日新聞」の以下の報道を情報源としている。

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 1.4 時事ドットコム 『J・キャメロン監督、1万メートルの海底に=1人乗り潜水艇で成功』時事通信社、2012年3月26日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 2.4 2.5 2.6 2.7 朝日新聞デジタル 『キャメロン監督が単身潜水成功 世界最深のマリアナ海溝』朝日新聞社、2012年3月26日。
  3. 3.0 3.1 3.2 朝日新聞デジタル 『深海到達のJ・キャメロン監督、「完全な孤独味わった」』朝日新聞社、2012年3月27日。