ジェフ千葉・クゼ監督解任 開幕以来未勝利の責任問う

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年5月8日】

Wikipedia
ウィキペディアヨジップ・クゼ監督に関する記事があります。

時事通信によると、サッカー・J1リーグジェフユナイテッド市原・千葉は、成績不振の責任で、ヨジップ・クゼ監督 (55歳) を解任したことを明らかにした。後任監督は現在交渉中。

日刊スポーツによると、今シーズンのジェフ千葉は、開幕前に主力クラスの5人の選手を移籍などで失い、リーグ戦10試合終了時点で勝ち点2、未勝利という状況が続き、5月6日 (UTC+9) に埼玉スタジアムであったアウェーの浦和レッズ戦に負けた場合、辞任する考えがあると報道された。しかし、スポーツニッポンによればこれをクゼ監督が否定して、「最後までやるつもり」としていた。また、山陰中央新報によるとこの浦和レッズ戦にも敗れ7連敗、通算9敗2引き分けとなった。

時事通信によると、ジェフ千葉の昼田宗昭チーム統括本部長は「 (クゼ) 監督もプロとして納得してくれた。このままずるずるするわけには行かない」とクゼ監督解任について説明した。また後任監督については外部招聘 (しょうへい) も検討しているという。

出典[編集]

関連ニュース[編集]