シラク仏大統領、視覚障害で入院

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年9月4日】

シラク仏大統領(参考)

フランスジャック・シラク大統領が、2日夕方(欧州夏時間、UTC+2、日本時間2日深夜から3日未明)、パリ市中央部のヴァル=ドゥ=グラス陸軍病院に入院した。3日、仏大統領官邸が発表した。病院が報道機関に出した声明によると、シラク大統領は血管の異常に伴う視覚障害をわずらっており、数日内に障害から回復すると見込まれている。入院は少なくとも1週間となる予定。

入院期間中に予定されていた会談は日程を変更する。日本経済新聞によれば、6日に、ドイツでの独仏首脳会談が予定されていた。一方、通常の執務は、ドミニク・ドビルパン(ド・ヴィルパン)首相が代行する。

3日、首相はアメリカ合衆国のブッシュ大統領を訪問し、アメリカのハリケーン「カトリーナ」の被災支援を申し出ている件など、緊急の案件について意見を交換した。

英語版ウィキニュースの翻訳を含みます。

出典[編集]