シュレッダーによる指切断事故 ナカバヤシ製品でも

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
シュレッダー(イメージ資料、事故とは関係が無い企業の製品)

【2006年9月13日】

岩手日報によると、大阪市の事務機メーカー・ナカバヤシ製のシュレッダーで2003年から2006年7月に幼児が指を切断する等の事故が5件あったことを同社が発表した。

事故は埼玉県千葉県神奈川県大阪府の4つの府県で住宅や事務所などで1歳から3歳までの5人の女の子の幼児がシュレッダーによる負傷をし、そのうちの2人は右手の指を切断する大怪我だった。ナカバヤシは9月5日に経済産業省に報告を行うとともに、対象4商品のうち、2商品の出荷を停止するとともに安全装置などを取り付ける無償での回収・交換を行う。

また、日本経済新聞によると経済産業省は12日、新たに富士ゼロックス社(東京都)のシュレッダーで1991年に大阪府の当時1歳の男の子が右手を切断する事故を起こしていたことも発表した。これについては既に対象商品の約99%が改修済みである。

シュレッダー事故関連記事[編集]

出典[編集]