サルコジ、ロワイヤル両候補で決選投票へ―フランス大統領選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年4月23日】 産経新聞などによると2007年フランス大統領選挙の第1回投票が22日(UTC+2)に行われ、即日開票された。パリ共同=西日本新聞によれば大統領就任には過半数の得票が必要であり、今回の投票ではその要件を満たす人がいなかったため、得票率上位2名の候補の間で決選投票が行われることになった。決選投票に進むことになったのは得票率31.1%のニコラ・サルコジ氏(国民運動連合)と、同じく25.8%ののセゴレーヌ・ロワイヤル氏(社会党)で、いずれも新人。

産経新聞によれば、今回の選挙には12人が立候補。有権者4450万人のうち84.6%が投票した。

また、落選したオリビエ・ブサンスノ氏、マリジョルジュ・ビュフェ氏、アルレット・ラギエ氏、ドミニク・ボワネ氏、ジョゼ・ボゼ氏の5名はいずれも決選投票ではロワイヤル氏を支持すると表明した。

決戦投票は5月6日に行われる予定。

投票結果[編集]

10%以上の票を集めた上位4名を下に示す。

出典[編集]