サッカーJリーグ最終戦、ガンバ大阪J1初優勝—J1への入れ替え戦はヴァンフォーレ甲府

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月4日】

12月3日のJリーグ公式サイト、並びに報道機関各社によると、2005年度のJリーグは同日、J1、J2の両ディビジョンとも最終節(J1=第34節、J2=第44節)が日本各地のスタジアムで行われた。このうちJ1リーグではガンバ大阪が、劇的な大逆転優勝で悲願のJリーグ初タイトルを獲得した。

11月26日に開かれた第33節終了時点では、首位のセレッソ大阪から、ガンバ、浦和レッズ鹿島アントラーズ、そしてジェフ千葉の上位5チームが勝ち点差2でひしめく大混戦となっていた。

アウェー・等々力での川崎フロンターレとのゲームを戦ったガンバは、リードをするもののフロンターレに追いつかれる一進一退のゲーム運びを繰り広げたが、2-2の同点で迎えた79分(後半34分)に遠藤保仁選手が勝ち越しゴール。更にロスタイムにはアラウージョ選手がこの日2点目のゴール(通算得点4-2)を挙げて試合を決めた。

一方首位のセレッソはホーム・長居FC東京を迎え、3分と48分(後半3分)に西澤明訓選手が2ゴールを挙げて試合を優位に進めたが、ロスタイムにFC東京の今野泰幸選手に同点ゴールを喫し2-2の同点。これによりガンバの勝ち点は60、セレッソが59でガンバが上回ったため、ガンバのJリーグ発足13年目での初優勝が決まった。2位以下は勝ち点59で4チームが並んだが、得失点差により2位・レッズ、3位・アントラーズ、4位・ジェフ、セレッソは5位で終了した。

またJリーグ公式サイト及び河北新報によるとJ2リーグは、ヴァンフォーレ甲府京都パープルサンガ西京極で対戦し、1-1の同点で迎えた80分(後半35分)にアラウージョ選手が勝ち越しゴールを挙げて2-1で勝利。またベガルタ仙台は、博多の森球技場アビスパ福岡と対戦したが1-1の引き分けに終わり、勝ち点はヴァンフォーレが69、ベガルタが68で、こちらも前節4位だったヴァンフォーレが大逆転で3位に入り、チーム初の入れ替え戦柏レイソル戦(12月7日=小瀬、10日=日立柏ホーム&アウェー方式)にコマを進めた。山梨日日新聞、ウィキペディア日本語版の記事によると、この入れ替え戦は2試合の勝利数の多いチームがJ1に参入するが、勝利数が同じ場合は得失点差(2試合のスコア)→延長戦PK戦の順番でJ1に参入できるチームを決める。

関連記事[編集]

出典[編集]