サッカー稲本はトルコ、大黒はイタリアへ移籍

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年9月2日】 産経新聞と日刊スポーツによると、日本サッカー選手である稲本潤一選手が8月31日、イングランド2部・ウェストブロミッチからトルコ1部・ガラタサライに移籍した。

稲本は9月1日にイスタンブールで1年契約でサイン。背番号23番でプレーする。稲本は「自らのサッカー選手の経験で他国でのプレーは大事と考えていた。チャンピオンズリーグにも出場できるので選手人生で最も重要になる」と抱負を語っている。

一方、サンケイスポーツとスポーツニッポンによると同じ日本のサッカー選手・大黒将志選手が8月31日、フランス2部・グルノーブルからイタリア1部・トリノに完全移籍することで合意した。大黒は2006年1月にガンバ大阪からグルノーブルに移籍していたが、2006-07年シーズンはベンチ入りすら出来なかった。ヨーロッパのサッカークラブに於ける選手移籍期限が迫っていた8月31日に「2年契約の完全移籍」でサインした。

出典[編集]

稲本選手関連[編集]

大黒選手関連[編集]