サッカー天皇杯、ガンバ大阪が18年ぶりに優勝

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2009年1月3日】

読売新聞によると、2009年1月1日に第88回天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝戦が国立競技場で行われた。

対戦したのはガンバ大阪柏レイソルで、ガンバ大阪が延長戦の末に、1対0で勝利するという結果になった。また、ガンバ大阪の前身・松下電器サッカー部時代の1990年度・第70回大会以来18年ぶり2回目の優勝ともなった。

この試合は両チームとも1点を争う攻防が続いたが、15分ハーフの延長戦に持ち越される事となった。延長戦の後半11分(通算116分)に播戸選手が決勝点を挙げた。日刊スポーツによると、播戸選手は試合後のインタビューで「みんなが頑張っていて、俺は最後の15分しか出てないのにインタビューを受けて申し訳ない」と話した。

読売・日刊スポーツ新聞によるとガンバ大阪は2009年度アジアチャンピオンズリーグ進出が決まり、それに伴い2009年2月28日に予定されている富士ゼロックス杯スーパーカップでは2008年度にJ1リーグ優勝した鹿島アントラーズと対戦する事となった。

出典[編集]