サッカー・横浜FC、足達監督1試合で解任、後任は高木氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年3月6日】 3月6日の四国新聞、日刊スポーツによると、Jリーグ2部(J2)横浜FCは、足達勇輔監督を解任し、後任に2006年度からコーチに就任したばかりの高木琢也氏が就任したと発表した。

両紙によると、横浜FCは3月4日に愛媛県松山市で行われたJ2開幕戦の愛媛FC戦で0-1で敗戦したが、坂本寿夫球団副社長は「1試合だけを見て決めたのではない。2005年度のシーズン、そして2006年のキャンプなどを総合的に踏まえた結果、このままの状態ではJ1(Jリーグ1部)に昇格することが難しいと判断した」として足達氏の監督解任を決めたとしている。Jリーグの監督が開幕戦だけで解任されるのはJ1、J2を通して史上初めてのことである。

読売新聞とサンケイスポーツによると、後任の高木氏は1967年・長崎県生まれ。Jリーグではサンフレッチェ広島ヴェルディ川崎コンサドーレ札幌でプレーし、J1で191試合出場・64ゴール。サンフレッチェの草創期の主力選手であった。元日本代表選手として、国際試合45試合出場・27ゴールの実績を誇っており、2006年から横浜FCのコーチとして就任したばかりである。

出典[編集]