サッカー・フェイエノールト・小野選手が浦和レッズに復帰へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年1月14日】 1月14日の毎日新聞によると、Jリーグ浦和レッドダイヤモンズは1月13日、オランダエールディヴィジ1部リーグのフェイエノールトに所属する小野伸二選手が近くレッズに復帰することを発表した。

小野選手は2001-02年シーズンにレッズからフェイエノールトに移籍し、5年間で112試合に出場し、19ゴールを挙げた。2001-02年シーズンには同クラブの主力選手としてUEFAカップの優勝に貢献するなど活躍した。しかし、2005年6月のFIFAワールドカップドイツ大会最終予選前に右足甲の小指を骨折し、10月に手術を受けた。その影響で2005-06年シーズンの公式試合への出場は4試合のみに留まっていた。

サンケイスポーツによると、レッズはフェイエノールト側に小野選手の獲得を打診し、その意向を受け入れることで合意した。小野選手自身は他のヨーロッパのクラブへの移籍も視野に入れていたが、その可能性が低いことからレッズへの復帰を固めた模様である。小野選手は「いろいろな皆さんのアドバイスを受けた結果レッズ復帰を決めました」と自身が運営するホームページでコメントをしている。

出典[編集]