サッカー・スペイン代表のプエルタ選手急死

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
在りし日のプエルタ氏 (CC-by-sa-3.0)

【2007年8月29日】

デイリースポーツによると、サッカースペイン代表で、同国のセビリアというチームに所属していたアントニオ・プエルタさんが現地時間8月28日、22歳の若さで亡くなった。

時事通信によると、プエルタさんは8月25日に開幕したスペインサッカー1部リーグの開幕試合・ヘタフェとの試合の途中で意識不明となり、一旦は自力でピッチを離れるもロッカールームで心臓発作を起こし入院した。サッカー選手が試合中の心臓発作事故で死亡した例としては2003年・コンフェデレーションズ杯カメルーン代表のフォエ選手や、2004年・ポルトガル1部リーグで当時ベンフィカに所属していたハンガリー代表のフェヘル選手の例がある。

またデイリーによると、セビリアはこの日チャンピオンズリーグ最終予選・ギリシャのAEKアテネとの試合を予定していたが、これを9月3日の予定で延期するとした。

出典[編集]