サッカーくじ・totoで史上最高配当の2億円飛び出す

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年3月22日】 朝日新聞、サンケイスポーツによると、Jリーグの試合を対象に発売されるスポーツ振興くじ・totoで史上最高配当の1等2億円が出た。

両紙によると、これは3月21日のJリーグ(J1、J2)の13試合を賭けの対象とした第201回totoで、13試合全ての勝敗・引き分けを当てる1等の配当金が、totoの配当金上限である2億円だったもの。的中はわずかに2口(1口100円)だけだったという。これまでのtotoにおいての最高配当金は2005年4月の第159回totoにおける1億7796万8775円。

また両紙は、2006年シーズンに入ってからtotoの全試合的中(1等)がこれまで3回連続して的中該当者がなかったため、それまでの繰越金が約3億3000万円以上にのぼっていたことが今回の2億円の高額配当に繋がったとしている。

出典[編集]