サウジアラビア、Blogger・Flickr・LiveJournalへのアクセスを遮断

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウジアラビアの位置

【2005年10月12日】

サウジアラビア政府は先週火曜日の4日、Google社のブログサービスサイト Blogger、Yahoo!の所有する写真共有サイト Flickr、日記サイト LiveJournal の3つのウェブサイトへのアクセスを含むいくつかのウェブサイトへのアクセスが、国営インターネットプロバイダであるインターネット・サービスィズ・ユニット(ISU)からできなくする措置をとった。その結果、サウジアラビアの英語を使うユーザは、ウェブログ(インターネット上の日記)を書いたり、他人の日記を読んだり、Flickrで写真を見ることができない状態に置かれた。

サウジアラビア政府は米政府が株式を所有する会社 Secure Computing が提供するフィルタリングサービスを使った。9月に、コメディーサイトの The Best Page in the Universe がフィルターに加えられた。同様の遮蔽サービスは中華人民共和国など他のいくつかの国で行われている。

過去には、ISUは、フリーホスティングサービスの BlogSpot.com へのアクセスをときどき遮断した。しかし、市民活動家団体「国境なき記者団」によれば、「ブログサービス(アプリケーション)はまだISUのフィルターによって影響を及ぼされていない。市場におけるもっとも大きなブログツールのひとつであるblogger.comの完全な遮蔽は、非常に憂慮される。今までのところは中国だけが、インターネットの検閲のためにそのような非常手段を使用している」。

先週木曜日6日に、ISUからBlogger.com へのアクセスは回復した。しかし Flickr と LiveJournal へのアクセスはいまだ回復していない。ISUは特定ウェブサイトへのアクセス遮断やその中止について、いかなる公式声明をも出していない。

英語版ウィキニュースからの翻訳です。

外部リンク[編集]

出典[編集]