クラシック音楽祭「サイトウ・キネンフェス」が「セイジ・オザワフェス」に名称変更へ

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2014年8月4日】

指揮者小澤征爾(せいじ)氏が総監督を務めているオーケストラコンサートのイベント・「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の実行委員会は、来年からこのイベント名称を「セイジ・オザワ松本フェスティバル」と改めると発表した[1]

このコンサートは、同じ指揮者で1974年に死去した斎藤秀雄氏の教え子が中心となったオーケストラを基として発展したもの[1]であり、斎藤氏の死去をしのんで1992年から松本市を会場に行っており、今年は8月10日から9月6日に行われる[2]

実行委員会は、今回、斎藤氏没後40周年の節目に当たり、このコンサートの第1回から総監督を務めてきた小澤氏の業績をたたえて、「セイジ・オザワ」の名を冠タイトルとすることになったとしている[1]

小澤氏は会見で「以前、自分の名前を冠にしたホールを作りたいといわれた時はお墓みたいで嫌だと思ったが、今回の話はありがたいと思っている」と述べ[1]、実行委の神沢陸男委員長は「小澤さんは総監督として長年の実績がある。小澤さんをたたえたいというのが、松本、長野の思い」と会見で述べている[3]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『「サイトウ・キネン」から「セイジ・オザワ 松本フェス」へ 小澤征爾さん総監督の音楽祭が名称変更』産経新聞(MSN産経新聞ニュース)、2014年8月4日。
  2. 『小澤さんの名冠し名称変更 サイトウ・キネン・フェス』スポーツニッポン(スポニチAnnex)、2014年8月4日。
  3. 共同通信社配信 『小澤征爾さんの名冠し名称変更  サイトウ・キネン・フェス』岩手日報、2014年8月4日。