クライスラー社、ダイムラー社の株式を売却

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2007年5月15日】

日本経済新聞によると、ドイツ自動車メーカー・ダイムラークライスラーは5月14日、北米地域のクライスラーの事業をアメリカ投資ファンドサーベラス社に55億ユーロで売却すると発表した。これで9年間に渡ったダイムラーとクライスラーの合弁が消滅することとなる。なお、西日本新聞によると、合弁解消後もダイムラー社はクライスラー社の株式19.9%を保有することにしている。

日経によると、クライスラー社は新たに持ち株会社「クライスラーホールディング」を設立し、サーベラス社が子会社を通して株式の80.1%を取得するとしている。この持ち株会社はクライスラー、ジープ、ダッジの各ブランドごとに設ける自動車事業会社に全額出資し、クライスラーの金融サービス会社もその傘下におさめるとしている。

出典[編集]