キリンビール、アルコール度数7%の「第3のビール」発売

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年8月27日】

キリンビールは8月26日 (UTC+9)、アルコール度数7%の飲料(酒税法上の分類は「リキュール(発泡性)①」)「キリンストロングセブン」を10月22日から全国で発売すると発表した。キリンビールのリリースによると、『近年の食品・飲料市場において嗜好のライト化・ソフト化の進む中、ボリューム、刺激、濃さに注目した商品が売れるなどハード化の傾向も高まり、二極化が進んでいる。アルコール飲料においてもアルコール度数8%の「キリンチューハイ氷結 レモンストロング」が売れるなど、ハード化の嗜好ニーズが進んでいることから、ビール・発泡酒等の市場にアルコール度数7%ながら、すっきりと飲める飲料を作り「ストロング」という価値観を提案する』としている。

毎日新聞によると、特に30代~50代の男性を中心とした愛飲家向けの新しいジャンルとして商品を作り、缶飲料の350mlと500mlの2種類で販売するとしている。産経新聞によると、定価はオープン価格で350ml缶141円程度、500mlは197円程度で販売され、2008年内に240万ケース(大瓶1ケース20本相当として)の販売を目指すとしている。

毎日新聞によると、一般にビールはアルコール度数5%のものが主流であるが、ここ数年は若年層や女性にも飲んでもらえるようにアルコール度数が3~4%程度の発泡酒やいわゆる「第3のビール」(リキュール扱い)が発売されたが、今年以後キリンビールやサントリーがアルコール度数の高いチューハイを発売し売り上げが好調であるということを背景に高アルコールで低価格の「第3のビール」を開発しシェアを広げる事にした。

出典[編集]