カナダのマニトバ州で、BSE感染牛を確認

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
マニトバ州

【2006年7月4日】

4日、カナダ食品検査局(CFIA)は、マニトバ州牛海綿状脳症 (BSE) 感染牛を確認したことを発表した。これは先月30日にマニトバ州で交雑種肉用牛において感染が疑われる牛が見つかり確認をしていたもので、カナダでのカナダ産の感染牛の確認は6例目となる(輸出入牛を入れると8例目)。なおカナダでは1月、4月にも確認されており今年3例目となった。

この牛は少なくとも15才で1997年の飼料規制以前に生まれたとしている。また農業情報研究所によればカナダにおいては現在まで感染牛の多くがアルバータ州で確認されており今回の確認されたマニトバ州では初。

出典[編集]