オランダのベアトリクス女王が退位を表明

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2013年1月30日】

読売新聞によると、オランダのベアトリクス女王は、28日のテレビ演説で4月に王位から退位する意向だと表明した。

退位理由について、読売新聞によると、女王自身が75歳であり、また王位を次の世代に任せるべきだとの考えによるものだという。また、共同通信によると、高齢で公務の負担が重くなっていることも退位の理由として挙げたと報じている。

読売新聞や共同通信によると、女王は4月30日で退位し、王太子たるウィレム・アレクサンダー王子が跡を継ぐことになっていると報じた。

情報源[編集]