エリザベス2世、死去

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2022年9月10日】

エリザベス2世(2021年、PD
エリザベス2世の訃報(2022年、CC BY-SA 4.0
Wikipedia
ウィキペディアエリザベス2世の死に関する記事があります。

2022年9月8日(UTC+1英国夏時間)、70年に渡りイギリス女王に在位してきたエリザベス2世(96)がスコットランドバルモラル城にて亡くなった[1]

同日12時30分頃(UTC+1)、バッキンガム宮殿は「女王の医師らは女王陛下の健康を懸念している」と声明を出した[2]。エリザベス2世は、昨年10月以降、体調が悪化していることが報じられていた[3]

同日18時30分(UTC+1)に、亡くなったことが公式に発表された[4]

死去を受け、長男であるチャールズ3世が国王に即位した[1]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『エリザベス女王死去 世界から追悼の声相次ぐ【詳しく】』, 日本放送協会、2022年9月9日。
  2. "Queen under medical supervision at Balmoral"英国放送協会、2022年9月8日。
  3. 『エリザベス女王、体調懸念で医師の管理下に 英王室発表』, 産業経済新聞社、2022年9月8日。
  4. "Queen Elizabeth II has died"英国放送協会、2022年9月8日。