エジプト、インド、フランスで新たにH5N1型ウィルスを検出

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年2月23日】

H5N1型ウイルスが発見された国。濃い赤は人間への感染が確認された国、赤はそれ以外の国で鳥への感染が確認された国。(GFDL)

CNN、ロイターによると、エジプトインドフランスで相次いでトリインフルエンザのH5N1型ウイルスがはじめて検出された。

CNNによると、17日、国際連合食糧農業機関 (FAO) のエジプト担当者が、カイロなどで、鶏や七面鳥からH5N1型ウイルスが検出されたと述べた。朝日新聞によれば、動物園で死んだ鳥6羽からこのウイルスが発見されたとして、8つの国立動物園が閉鎖された。

ロイターによると18日、インドで初めて鶏からトリインフルエンザのH5N1型ウイルスが検出された。発見されたのは、インドの西部、マハラシュトラ州。日本経済新聞によると、同国保健省は19日、「人間への感染は起きていない」と初期検査の調査結果を発表した。

読売新聞によると、フランスでは農業省が18日、中東部のアン県ジョワイユの湿地で死んでいた野生のカモ1羽がH5N1型ウイルスに感染していたことを発表した。フランスでは政府が90万羽の家禽に対し予防接種を行う予定である。


出典[編集]