ウィキニュース:ウィキニュースの使命

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

最新で、適切で、ニュースバリューがあっておもしろい内容を偏りなく提供するウェブサイトを造るために [編集]

2001年1月15日、一群の人々がある大胆な実験を開始しましたw:en:History of Wikipedia)。世界中のすべての言語で百科辞典を作り、地球上の人々が自由にいつまでも利用できることを目指したのです。この夢を可能にしたのは技術の力だけではなく、記事を作成し、プロジェクトの方針やガイドラインを定めていった信じられないほど献身的なボランティアの共同体でした。彼らは開かれたプロセスを通じて活動し進化・適応を繰り返し、合意形成の持つ可能性を信じ、人間の条件を改善することを望み、人間精神への愛の中でこれらのことを行ったのです。

ウィキニュース・プロジェクトの背後にある理念は、これに劣らず大胆です。私たちが追求するのは、自由なニュース情報源を創り出すことで、ここにはすべての人間が、事件が重大であるか仔細であるかを問わず、直接の経験であるかどこか他からの要約であるかを問わず、報告を寄せることが歓迎されます。ウィキニュースは古いものを壊すのではなく、新しいものを作り出したいという考えに立脚しています。私たちは共にメディアの風景をゆたかにすることができる、素晴らしく比類のない情報源を作りだすことができる、という信念にウィキニュースは立脚しているのです。

独自の報道がやや少ない状態で始めたとしても、ウィキニュースは他で報道されたニュースについて自由で中立的かつ集約的な要約を提供できるので十分に有益でしょう。また最初はカバーできる分野にかなり限りがあったとしても、協業的なウィキモデルをこれらの分野に適用すれば十分に有益なものになるでしょう。日ごとにさらに役立つものに成長していけるからです。

ウィキニュースは単独でも有益なソースであることを目的としていますが、「AP」や「ロイター」のような商業的報道機関に代わる選択肢を提供することにもなるはずです。というのも、独立系のメディア組織は無料で高品質のニュースの提供を受けることで自前の報道を補完できるようになるからです。ウィキニュースは著作権の制約から自由であるため、誰でも私たちの仕事を基礎として自分たちの自由なニュース・ソースを(中立的でないソースでさえ)作りだすことができるのです。

私たちは多くの新しい挑戦に直面していますが、ウィキニュースは、今日のウィキペディアやその他のウィキメディアを作り上げてきた重要な諸原則を採用します。中立性フリーコンテントそして開かれた意思決定プロセスです。

誰もが私たちの生きるこの世界で何が起こっているのかについて大きな見取り図を描くことに有益な貢献をすることができると信じ、「市民ジャーナリスト」という考え方を推進していきます。人民によって人民のために自由なニュースソースを作り出せる時が来たのです。世界を永遠に変えてしまうかもしれない可能性をもつこの試みにあなたも参加してみませんか。

プロジェクト項目[編集]