アルカイダ・ビンラディン容疑者を殺害 - アメリカ・オバマ大統領発表

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年5月2日】

ウサマ・ビンラディン容疑者 CC-by-sa-3.0
Wikipedia
ウィキペディアアフガニスタン紛争に関する記事があります。

産経新聞によると、アメリカCNNは5月1日(アメリカ東部標準時UTC-5)に、国際的なテロ組織・アルカイダの最高指導者・ビンラディン容疑者が死亡し、その遺体をアメリカ政府が確保したと伝えた。日本経済新聞によると、これを受けて、アメリカ・オバマ大統領は緊急の声明を発表した。

産経新聞によると、アルカイダは、2001年9月11日にアメリカで起こった同時多発テロ事件の主犯格で、反米テロ活動の象徴とされたビンラディン容疑者の死亡により、アメリカの「反テロ戦」は最大の成果を挙げたが、今後もアルカイダの残存組織が残っていることから、テロ活動の動きが再び活発になるのではないかとする見方もある。アメリカはこの同時多発テロの発生後、ビンラディン容疑者を最重要容疑者と見做し、同容疑者を匿っていた当時のアフガニスタンタリバン政権に身柄を引き渡すように要求したが、タリバンがこれを拒否したため、同じ年の10月にアフガニスタン空爆を行った。これによりタリバン政権は崩壊したが、ビンラディン容疑者はアフガニスタン東部にあるアルカイダの拠点都市・トラボラに潜伏していたのを確認された後、行方不明となっていた。

朝日新聞によれば、その後、昨年の夏になってCIAが、ビンラディン容疑者がパキスタンに潜伏しているとの情報を得て、潜伏先を特定した。そして先月29日、オバマ大統領が米軍などによる身柄確保を目的とした作戦を許可したという。

オバマ政権は今年7月からアフガニスタンから撤収する方向だったが、今回のビンラディン容疑者死亡により、対テロへの一定の成果を挙げることができたとし、2012年の大統領選挙での再選に大きな追い風になったと産経新聞は伝えている。

情報源[編集]