アラブ首長国連邦、カタールの天然ガスの購入量の増加を希望

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年2月19日】

ガルフタイムスによると、アラブ首長国連邦 (UAE) は来年、今年より多くの天然ガスを、カタールから輸入したいという希望を持っている。

UAEを構成する首長国のひとつアブダビの政府が51%出資している石油会社ドルフィンイナジーは、来年天然ガスを今年よりも1日あたり12億立方フィート(3,400万立方メートル、およそ33億米ドル)多く購入する予定であるとして、現在売り手を捜しているが、パイプラインの通っているカタールからの購入を特に希望している。カタールの天然ガス埋蔵量は現在世界第3位で、現在エネルギー輸入国を分散化して安定供給を図ろうとしているヨーロッパ諸国へ供給するため、エクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ・シェルなどの企業が同国と契約を結んでいる。

出典[編集]