アフリカで海の誕生が観測される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2005年12月11日】

アファール盆地付近の衛星画像、アファール砂漠は中央下、NASA

今年9月にアファール砂漠で、わずか3週間で8メートルの盛り上がりを伴う亀裂が生じているのが観測された。BBCが8日(UTC、日本時間9日)報じた。この亀裂が成長を続ければ数百万年後には、エチオピア東部をアフリカから分離する海になるだろうと、英国・エチオピア共同研究グループは予測している。

ウィキペディア日本語・英語版によるとアファール砂漠は、エチオピア・エリトリアジブチにまたがるアファール盆地にあり、アフリカを南北に縦断するプレートの境界であるグレート・リフト・バレーの一部を形成している。

BBCによると、9月14日に大きな地震があったあと余震が続き、火山が噴火して亀裂ができ灰などを噴出した。亀裂は途切れ途切れに60kmほど続いていて、今までに観測されたことの無い速さで展開したという。またBBCによると研究者は、アファール盆地の複雑な地形はこの現象と同様の盛り上がりや亀裂により形成されたほか、過去にもこのような海の誕生の始まりの現象が見られ、南北アメリカユーラフラシア大陸が分裂し結果として大西洋などが形成されたという。

出典[編集]