ゆりかもめ、脱輪で運休

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
Jump to navigation Jump to search
船の科学館駅(資料)(GFDL)
ゆりかもめ、汐留駅付近(資料)

【2006年4月15日】

時事通信によると4月14日午後5時頃、東京都江東区新交通ゆりかもめ船の科学館駅で、新橋行きの電車が駅の20m先で緊急停車した。けが人はいない。

国土交通省と、ゆりかもめによると、原因は4両目の車軸部分が損傷し、レールから外れ、脱輪したと見ている。このため、航空・鉄道事故調査委員会は重要案件として、現地に3名の調査員を派遣した。

朝日新聞によると、15日朝には事故車両1両が撤去され、移動可能な残り5両はほかの車両に牽引された。

この影響で14日午後8時以降(時事による)、ゆりかもめ全線で運転が打ち切られた他、15日も始発から運転を見合わせており、15日午後2時現在再開のめどは立っておらず、水上バスなどでの代替輸送が行われている。

出典[編集]