またも大相撲界に激震走る - 現役幕内力士が大麻所持

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年8月19日】 中国新聞によると、警視庁は8月18日、日本の大相撲幕内若ノ鵬寿則容疑者(20歳。ロシア出身。本名・ガグロエフ・ソスラン・アレキサンドロビッチ)が、大麻入りのタバコを隠し持っていたとする大麻取締法違反の容疑で逮捕した。相撲協会によると、十両以上の関取が逮捕されたのは初めて。

若ノ鵬容疑者は当時19歳だった6月24日午後1時ごろ(UTC+9)、東京都墨田区にある錦糸町駅近くの路上で、大麻が含まれた乾燥植物片0.368g入りのタバコを1本持っていたとされる。若ノ鵬容疑者は「六本木で外人からもらった」と容疑を認めており、また警視庁の組織犯罪対策課は若ノ鵬容疑者の自宅から大麻の吸引具を押収。常習的に大麻を吸引していた疑いもあるとみて調査している。

時事通信によると、若ノ鵬容疑者の逮捕を受けて、日本相撲協会も対応に追われた。時津風部屋の力士暴行死事件を受けて作られた再発防止検討委員会の友綱副委員長は「危機感を持ってない人がいる。立て直そうとしているのに…」とショックを覚えた他、伊勢ノ海生活指導部長は「常識や作法のマニュアルを作成している最中のことで大変遺憾。一層厳しく生活態度の指導を強化する」と話している。

また読売新聞によると、北の湖相撲協会理事長は謝罪会見し、「(逮捕の)一報を受けたときは信じられなくてびっくりした」と語り、その上で「さすがに今回は自分でも日本の法律に触れるのでダメだとはっきりわかるはずなのに。(事件当時が)未成年であっても関取だ。重く受け止めなければいけない」と話した。

東京新聞によると、警視庁組織犯罪対策5課の8月19日の調べで、若ノ鵬容疑者が在籍している間恒部屋からも大麻の吸引器具が見つかり、それを押収したことがわかった。若ノ鵬容疑者が部屋でも大麻を吸引していた疑いがあると見て部屋の関係者から事情聴取する方針である。更に若ノ鵬容疑者の持っていた大麻入りのタバコの銘柄はロシア製「ベラモール」というもので、ロシアではタバコの中身に大麻の成分を浸して巻き戻してから吸引する人もいる。

出典[編集]