ふるさと銀河線、最後の運転

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田駅のふるさと銀河線車両(左の1両)(資料)(GFDL)

【2006年4月20日】

朝日新聞によれば、北海道ふるさと銀河線が、20日、最終運行を行った。

ウィキペディア日本語版によれば、ふるさと銀河線は、北海道の北見駅池田駅を結ぶ延長140.0kmの路線で、1910年に網走線として一部が、1911年に現ふるさと銀河線の全線が開業した。その後、網走本線、池北線を経て1989年に第三セクター北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線となったが、経営が思わしくなく、十勝新聞によれば2005年4月21日に北海道ちほく高原鉄道が北海道運輸局へ、鉄道事業廃止を届け出いていた。

この日は臨時列車の「さよならふるさと銀河線号」が運行された。また、池田駅、本別駅足寄駅陸別駅など7つの駅で記念式典が行われた。最終列車は午後10時24分置戸駅発北見駅行きで、午後11時2分に北見駅に着くダイヤであった。

鉄道の廃止後は、代替バスが運行される。

出典[編集]