びわこ成蹊スポーツ大学の野球部内で集団暴行、ブログの内容に立腹

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年8月3日】

Wikipedia
ウィキペディアびわこ成蹊スポーツ大学に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア体育会系に関する記事があります。

読売新聞朝日新聞によると、びわこ成蹊スポーツ大学大津市硬式野球部所属の1年生の男子部員(18歳)が、別の1年生の男子部員4人(18~19歳)から集団暴行を受け、骨折するなど約3か月の重傷を負い入院していることが判明した。

読売新聞によると、同大学の話として、硬式野球部は7月24日UTC+9)に練習場の清掃を実施したが、その際、1年生部員37人中22人が参加しなかった。このため、被害を受けた部員が、自らのブログに「清掃をしないやつは辞めてもらいたい」と書き込んだが、このことに、1年生部員4人が立腹。同26日昼頃に部員を呼び出し、数分間、顔や腹を殴るなどした。現場には別の1年生部員1人がいたが、暴行を止めなかったという。

朝日新聞によると、被害に遭った男子部員は、同日に同大学内の保健センターで治療を受けたが、このことで大学側が事件を把握した。

読売新聞によると、同大学硬式野球部は、京滋大学野球リーグ2部に所属している。大学側は、事実関係を把握した後、翌27日から対外試合などの活動を自粛し、8月2日に京滋大学野球連盟に報告。また、朝日新聞によれば、滋賀県警大津北署は、関係者から事情を聴く方針である。

朝日新聞によると、硬式野球部長の大久保衛・同大学副学長は、「スポーツマンシップに反する行為であり残念。このような行為を二度と起こさないようにしたい」とコメントした。

情報源[編集]