さいたまと東京で元厚生省関係者が相次いで刺される

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2008年11月19日】

朝日新聞によると、日本時間(UTC+9=以下同じ)11月18日10時20分ごろ、さいたま市南区の民家で男女2人が上半身から出血して倒れていたのを近所の人が見つけ110番した。埼玉県警浦和警察署員が駆けつけたところ、この2人は既に死亡。この死亡した2人は厚生事務次官だった山口剛彦氏(66歳)とその夫人・美知子さん(61歳)だった。

浦和警察署の調べでは、2人は玄関で仰向けになって倒れ、服の上から胸の付近を刺されたという。山口氏は玄関から部屋に上がるところで、美知子さんは玄関の床に倒れていた。

時事通信によると、この事件の後の同日午後6時半ごろ、今度は東京都中野区の元厚生事務次官だった吉原健二氏(76歳)の自宅でその夫人の靖子さん(72歳)がやはり男に刺され重傷した。警視庁捜査1課の調べでは、この時間、自宅にいた靖子さんが玄関を開けたところ「宅配便」を装った男に突然胸や腹部など数箇所を刃物のようなもので刺された。靖子さんは救急車で運ばれた際、救急隊員に話をしていたという。刺した男は身長160㎝。30歳ぐらいで野球帽をかぶっている。

これらの事件は、吉原、山口の両氏が基礎年金に関与している上に、玄関で襲う犯行の手口が酷似していることから、警視庁は連続テロリズムのある可能性があると見て調べを進めるとともに、警察庁も全国各都道府県の警察本部などに厚生行政経験者に対して警戒するように指示を出した。

東京新聞によると、今回の事件で、厚生労働省は「異常なことが起きている」「連続事件の可能性もあるのか」と驚きを隠せず、職員が事件の事実確認を急ぐ中、歴代の事務次官らに身辺を注意するように呼びかけている。

出典[編集]