いよいよ2月26日にFIFA会長選

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年2月25日】

いよいよこの2016年2月26日にFIFA(国際サッカー連盟)の会長選がスイス・チューリヒで行われることになっているが、現在のところ、アジアサッカー連盟のサルマン会長(en:Salman Bin Ibrahim Al-Khalifa)と欧州サッカー連盟(UEFA)のインファンティノ事務局長(en:Gianni Infantino)の一騎打ちの構図となっている[1]

すでに、サルマン氏はFIFA加盟国の半数にあたる100票を固めている[1]。対してインファンティノ氏は、UEFAの53協会、南米サッカー連盟の10協会、中米サッカー連合の7協会の、合わせて70票を固めている[1]

しかし、時事通信の関係者の話として伝えたところによれば、1回目の投票での過半数の確保はできないと見られており、新しい会長が決まるまでに3回の投票を要するという憶測もある[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 ベルリン=垣見洋樹 『あすFIFA会長選 アジアVS欧州 事実上の一騎打ち』東京新聞社、2016年2月25日。
  2. 『投票3回にもつれるか=直前まで集票合戦続く-FIFA会長選』時事通信社、2016年2月25日。