『ONE PIECE』の偽キャラグッズを販売、雑貨卸会社社長ら逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年9月30日】

Wikipedia
ウィキペディア著作権侵害に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディアONE PIECEに関する記事があります。

毎日新聞産経新聞によると、 人気漫画アニメONE PIECE』のキャラクターを無断で使用した日用雑貨を販売目的で所持していたとして、大阪府警生安特捜隊[注釈 1]は、著作権法違反(頒布目的所持)容疑で、雑貨卸売会社・『ライスフィールド』(大阪市東淀川区社長・田中博之容疑者(44歳、大阪府箕面市在住)や同社社員ら12人を逮捕したと、9月29日UTC+9)に発表した。

両報道によると、田中容疑者らの逮捕容疑は、9月28日に同社内で、『ONE PIECE』のキャラクター・『トニートニー・チョッパー[注釈 2]』をデザインした巾着袋などを、販売目的で所持していたなどというもの。毎日新聞によると、田中容疑者は、「商品の大半は偽物」と認めている模様である。

産経新聞によると、田中容疑者らは、中国から不正輸入したタオル時計などの商品を、小売店などに安価で販売。同府警の調べに対し、「正規の商品も扱っていたが、違法な商品が無ければ経営が成り立たなかった。月に約2,500万円の売上があった」と供述している模様である。同府警は、同社から段ボール100箱分以上の商品を押収、入手経路などを調査している。

産経新聞によると、同社の販売した不正な商品は日本全国に流通している模様で、偽キャラクターグッズ対策に取り組んでいる『日本商品化権協会』が同府警に告発していた。

注釈[編集]

  1. 産経新聞より
  2. 毎日新聞より

情報源[編集]