『面白い恋人』は商標権侵害 - 『白い恋人』の石屋製菓が吉本興業など提訴

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2011年11月28日】

Wikipedia
ウィキペディア白い恋人に関する記事があります。
Wikipedia
ウィキペディア面白い恋人に関する記事があります。
白い恋人

毎日新聞読売新聞によると、北海道を代表する土産菓子・『白い恋人』を製造・販売する石屋製菓(本社:札幌市西区)が、吉本興業とその子会社など3社に対し、類似商品の販売差し止めと廃棄を求め、11月28日UTC+9)に札幌地裁に提訴した。

毎日新聞によると、石屋製菓は、吉本興業の子会社が発売した土産菓子・『面白い恋人』に商品名や包装を模倣されたことで、ブランドを侵害されたと主張している。

読売新聞によると、訴えでは、石屋製菓は1976年から『白い恋人』を製造・販売しており、1980年に商品名、2004年には包装デザインを商標登録している。一方、『面白い恋人』は、吉本興業の子会社の一つ・『よしもとクリエイティブ・エージェンシー』が発売元、『サンタプラネット』が販売者であると記載した上で、2010年7月からJR新大阪駅関西空港などで販売を開始し、『白い恋人』の商標権を侵害したというもの。

毎日新聞によると、『面白い恋人』は、みたらし味のゴーフレットで、販売開始後は、インターネットなどでも話題となった。吉本などは2010年8月特許庁商標登録を出願したものの、認定されなかった。

毎日新聞によると、両製品の包装デザインは、いずれも白色の背景に青色と金色を基調としているが、『白い恋人』は雪山がモチーフとなっているのに対し、『面白い恋人』は大阪城が描かれている。石屋製菓に対しては、「間違って買ってしまった」との苦情が数件寄せられたとしている。石屋製菓は発売当初は静観していたものの、販売店が増加したことなどから、提訴に踏み切った。原告の石屋製菓側は、「長年築き上げた信用や名声に便乗し、不当な利益を得ようとしている」と主張している。また、石屋製菓の島田俊平社長は、「いくら何でも悪乗りしている。こういうことが罷り通ることにはびっくりした。全然面白くない」と、憤りを露わにコメントした。

また、読売新聞によれば、島田社長は、「『白い恋人』は当社の代表商品であり、将来にわたってブランドを守れるかどうかは、当社の存続にもかかわる問題である」とした上で、吉本興業などに対する損害賠償請求についても検討中であることを、11月28日の会見で明らかにした。

一方、毎日新聞によれば、よしもとクリエイティブ・エージェンシーの広報担当は、「『面白い恋人』は大阪を代表するヒット商品。突然の提訴で戸惑っている」と述べている。

情報源[編集]