「絶滅」のクニマス、西湖で70年ぶりに確認

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年12月15日】

田沢湖に生息していたクニマスの標本(PD
クニマスが生息していた西湖(CC-by-sa-3.0
Wikipedia
ウィキペディアクニマスに関する記事があります。

読売新聞毎日新聞によると、環境省レッドリストで「絶滅種」に指定されていた「クニマス」が、山梨県富士五湖の一つ・西湖で生息していることが、京都大学中坊徹次教授魚類学)や、東京海洋大学客員准教授タレントの「さかなクン」らの調査によって明らかになった。

毎日新聞によると、クニマスは1940年頃に、秋田県田沢湖で最後に確認されて以降は姿を消しており、約70年ぶりに発見されたことになる。「絶滅」とされた種のが発見されるのは初めてのこととなる。読売新聞によれば、環境省は、今後、絶滅種の指定を見直す方針である。

読売新聞によると、クニマスは、サケ科に属する淡水魚の一種で、田沢湖にだけ生息する固有種だったが、1940年に、下流の水力発電所に供給する湖水を補充するため、近くの玉川を流れる強酸性の川水をに引き込んだことが原因で、1948年の確認を最後に絶滅したとされた。さかなクンが2010年に、西湖で採取されたヒメマスを取り寄せたところ、その中に黒っぽい体色をしたものが存在したため、知人の中坊教授に対し確認を依頼。ヒメマスとのDNA型の比較などからクニマスと判明した。西湖には、1935年に田沢湖からクニマスのが10万粒放流されたことがあり、中坊教授は、今回発見された9匹はその末裔であると見ている。

情報源[編集]