「横田めぐみさんはもうとっくに亡くなっている」 元国会議員・石井一氏が発言

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
石井一氏(左。2011年5月・フィリピンで。右はフィリピン元老院議長のファン・ポンセ・エンリレ氏 PD

【2014年8月30日】

参議院議員や国家公安委員長などを務めた、民主党石井一(はじめ)氏(80)が、8月29日に神戸市内で行われた、自らの旭日大綬章を祝うパーティーで、北朝鮮による拉致問題について「日本の政府は、横田めぐみさんらを返せと騒いでいるが、もうとっくに亡くなっている」と発言した[1]

横田さんについては、2002年の日朝首脳会談で、北朝鮮側も拉致を認めており、「遺骨」を差し出したが、日本側で鑑定をしたところ、別の人のDNA型が検出されている[1] [2]

石井氏はパーティーの席で、「まだ(北朝鮮との外交交渉を)やっているのは非常に違和感がある」としたうえで、「社会に大きな警鐘を鳴らす発言だが、皆さんの批判を問いたい」とコメントしている[2]

このあいさつ後、石井氏は神戸新聞の取材に対して、「自分ほど北朝鮮と交渉を重ねて、知っている者はない。金正日(キム・ジョンイル)総書記が"死んだ"といった以上は、"うそだった"と覆るはずがないという意味だ。死亡を断定できる根拠はない」と述べている[1]

石井氏は衆議院に11回、参議院に1回当選しており、昨年(2013年)の参議院選挙で落選していた[2]。今回のパーティーは民主党現代表の海江田万里(かいえだ・ばんり)氏が発起人代表[1]となり、海江田氏や井戸敏三兵庫県知事らが祝辞を述べた[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 岡西篤志 『横田めぐみさんら「とっくに死亡」 石井一元議員が発言』神戸新聞(神戸新聞NEXT)、2014年8月29日。
  2. 2.0 2.1 2.2 2.3 『「めぐみさんは既に死亡」 石井元公安委員長が発言』産経新聞(MSN産経新聞ニュース)、2014年8月29日。