「夢の超特急」新幹線0系最後の営業運転

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
引退した新幹線0系電車(資料 1989年小田原駅で撮影)

【2008年12月1日】

西日本新聞によると、「夢の超特急」といわれた「新幹線0系電車」が11月30日(UTC+9)を持って、営業運転から引退し、博多駅でセレモニーが行われた。

新幹線0系は1964年に東海道新幹線が開業した時に登場。当時の世界最速である時速210㎞を誇った。その後1975年に全線開業を果たした山陽新幹線にも乗り入れた。2008年3月末までに延べ3億6000㎞(地球9000周相当)を走った。しかし、読売新聞によると、その後誕生した500系N700系等の新型車両の登場により出番が減り、最晩期は山陽新幹線のこだま(各駅停車)のみの運用だった。

両新聞によると、最終運転は岡山駅発博多行き「こだま659号」で、午後6時24分ごろ(同)博多駅に到着すると、現地に陣取った鉄道ファンらがいっせいにカメラで撮影し別れを惜しんだ。西日本新聞によると、JR西日本の嶋哲久福岡支社長はセレモニーで「日本の大動脈として高度経済成長を支えた」と述べた。

なお今後は12月6日、13日、14日に新大阪~博多間の臨時電車として「サヨナラ運転」を開催し、その後廃車・解体する。このサヨナラ運転は全席指定席となっているが、その乗車券は全て売り切れている。

出典[編集]