「タバコ臭い」と真冬に大型扇風機、元部長にパワハラ認め賠償命令

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年7月28日】

Wikipedia
ウィキペディアパワーハラスメントに関する記事があります。

毎日新聞朝日新聞によると、外資系消費者金融会社・『日本ファンド』(東京都品川区)の契約社員ら3人が、元上司から真冬扇風機で強風を当て続けられるなどのパワーハラスメント(パワハラ)を受けたとして、同社や元男性部長などに損害賠償を求めた訴訟で、東京地方裁判所7月27日UTC+9)に、慰謝料など総額146万円の支払いを命じる判決を言い渡した。

毎日新聞によると、同社側は「空気を循環させただけ」などとして反論したが、石井浩裁判長は「嫌がらせ目的で精神的苦痛を与えたもので、不当行為に相当する」と判断した。

毎日新聞によると、訴えを起こしていたのは、30~40歳代の契約社員ら3人で、朝日新聞によれば、200305年にかけそれぞれ入社した。

朝日新聞によると、この元部長は、2006年4月頃から理由も無く3人を殴るようになった。また、毎日新聞によれば、この元部長は2007年12月から約半年間に亘り、原告らに「たばこ臭い」などと言って業務用大型扇風機3台を「強風」にセットし、後方から一日中風を当て続けた。真後ろまで近付けて風を当てるケースもあり、原告のうち、最も強い風を受けていた1人は、2008年6月鬱病を患い、1カ月間休職した。

毎日新聞によると、他、この元部長は、原告らに対し、「給料を貰っていながら仕事をしていませんでした」との内容の始末書を書かせたり、「よくこんな奴と結婚したな」などと、原告及び、その場にいない妻を侮辱する言葉を吐いたりもした。

朝日新聞によると、原告の3人は、同社側に嘆願書を送付したり、労働組合が団体交渉を行ったりしたものの、解決しないため、2009年4月に提訴した。

毎日新聞によると、今回の判決について、原告の一人は、「契約社員という弱い立場のため、反発できなかった。パワハラが認められ嬉しい」と話した。

両報道によると、この元部長は、2009年12月に健康上の理由で退職したという。

情報源