「イラク・ディナールの価値が上がる」と虚偽で勧誘、詐欺未遂で男3人を逮捕

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2010年10月3日】

Wikipedia
ウィキペディアイラク・ディナールに関する記事があります。

読売新聞毎日新聞によると、京都府警は、イラク通貨ディナールを、価値が上がると偽って高値で購入するよう持ち掛けたとして、自称自営業・林一秀容疑者(35歳、東京都杉並区在住)ら3人を、詐欺未遂容疑で逮捕したと、10月1日UTC+9)に発表した。

読売新聞によると、ディナール購入を巡る摘発は日本全国で初めてという。3人は容疑を否認している模様である。

両報道によると、3人の逮捕容疑は、互いに共謀して9月28日午後に、京都市北区の女性(72歳)方を訪れ、2万5,000ディナール紙幣(約1,800相当)について、「紙幣のプログラムを書き換えることで[注釈 1]、価値を10万円に上げる方法がある」と虚偽の説明をし、50枚を計325万円で売り付けようとしたというもの。

読売新聞が国民生活センターの話として伝えたところによると、ディナールの購入に関する苦情は、2009年の4件から、2010年9月現在で364件と急増しているという。

注釈[編集]

  1. 毎日新聞より

情報源[編集]