このページは保護されています。新たな情報は続報として投稿してください。

FIFAの8時間におよぶ聴聞会でプラティニ氏は不正を否定

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年2月16日】

Wikipedia
ウィキペディア2015年FIFA汚職事件に関する記事があります。

2016年2月15日に、欧州サッカー連盟ミシェル・プラティニ会長は、FIFA(国際サッカー連盟)の上訴委員会の聴聞会に出席した[1]。プラティニ氏の聴取はおよそ8時間となり[2]、金銭授受に関連して、口頭での契約について話し合われた中で、プラティニ氏は、受領した200万スイスフラン(およそ2億3千万円)に関する不正について否定した[1]

プラティニ氏は、取材に対して「私は何もやっていないし、何の心配もしていない」と話し[2]、さらに、「間もなくUEFAの事務所に戻り、仕事を再開できるだろう」と処分が解除されるという感触を示した[3]

なお、2月16日にはゼップ・ブラッターFIFA会長に対する聴聞会も行われることになっている[3]

情報源

  1. 1.0 1.1 AP通信 『【FIFA汚職】プラティニ氏が不正を否定 上訴委の聴聞会で』産業経済新聞社、2016年2月16日。
  2. 2.0 2.1 時事通信 『プラティニ氏、改めて潔白主張 FIFAの汚職疑惑』朝日新聞社、2016年2月16日。
  3. 3.0 3.1 ロンドン=風間徹也 『FIFA上訴委の聴聞会、プラティニ氏が出席』読売新聞社、2016年2月16日。