FIFAが緊急理事会を開催へ AFCのサルマン会長らの要求を受け

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2015年10月10日】

10月9日、アジアサッカー連盟のサルマン会長(en:Salman Bin Ibrahim Al-Khalifa)はFIFAのハヤトウ会長代行に対して、FIFA(国際サッカー連盟)に緊急理事会を開催させることを求め文書を提出した[1]。アジアサッカー連盟の公式サイトに公開された文書によれば「異常事態なので会合を開くことが求められている。難局を乗り越えるために協力しなければならない」というサルマン会長からのメッセージが記してあった[1]。また、FIFAの理事を務めるニースバッハ(de:Wolfgang Niersbach)とギル(en:David Gill)の2人もFIFAに対して緊急の理事会招集を求める文書を送付している[2]

これを受け、多くのヨーロッパとアメリカのメディアが伝えたところによれば、FIFAでは10月20日に理事会をチューリッヒで行う事を検討していて[2]日本サッカー協会の副会長かつFIFA理事も務めている田嶋幸三氏も「緊急理事会は行われる」と報道陣に対して語り、理事会の緊急開会は既定路線であることを明らかにした[3]。緊急理事会で求められる喫緊の課題として、FIFA会長選挙の日程延期について検討がなされる見通しである[2]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 『AFCサルマン会長がFIFA緊急理事会開催を要望』日刊スポーツ、2015年10月9日。
  2. 2.0 2.1 2.2 『FIFA緊急理事会開催を検討 会長選延期も議題に』日刊スポーツ、2015年10月10日。
  3. ロンドン時事 『FIFA、緊急理事会を開催へ=次期会長選延期か』時事通信社、2015年10月10日。

外部リンク[編集]