2018 FIFAワールドカップ、1次リーグH組のコロンビア対日本は1-2で日本の勝利

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動
削除依頼中

このページ、「2018 FIFAワールドカップ、1次リーグH組のコロンビア対日本は1-2で日本の勝利」は削除の方針に従い、削除依頼に出されています。削除についての議論は削除依頼を参照してください。

単独情報源

中立的な観点

ストップ!この記事について、中立的な観点の面から議論中です。詳しくはこの記事のトークを参照してください。

【2018年6月20日】

Wikipedia
ウィキペディア2018 FIFAワールドカップに関する記事があります。

毎日新聞などによると、サッカーのワールドカップロシア大会の1次リーグH組の日本は、コロンビアに2対1で勝利した。
前半3分、コロンビアのC.サンチェスがゴールを守ろうとして、腕をわざとだし、反則。 これが、審判によって「レッドカード」となり、退場。日本はペナルティーキックを得て、前半6分に香川真司が先制点を獲得。 前半31分にコロンビアはJu.クアドラードからバリオスに交代。 39分にキンテロが同点ゴールで前半は1-1で終了

後半25分、先制点を取った香川から本田圭佑に交代。その後26分に、本田のコーナーキックから大迫勇也が、ヘディングで合わせて追加点。
これが決勝点となり、勝利した。


情報源[編集]

  • 2018年○月○日。
  • 2018年○月○日。


Tools nicu buculei 01.svg
この記事は執筆中です
ぜひこの記事の編集に加わってください
公開の準備が整ったら、{{執筆中}}テンプレートを{{査読中}}に貼り直してください。