訃報 岩城宏之氏

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2006年6月15日】

指揮者の岩城宏之氏が、13日午前0時20分 (UTC+9) に心不全のため亡くなった。73歳だった。

朝日新聞によれば氏は1932年東京都生まれ。読売新聞によれば東京芸術大学器楽科在学中、1954年にNHK交響楽団の副指揮者に就任。1956年に指揮者としてデビューした。日本経済新聞によれば1969年以降NHK交響楽団の正指揮者の地位にあった。

朝日によれば、1977年にウィーン・フィルハーモニー管弦楽団を日本人として初めて指揮した。日経によれば、メルボルン交響楽団の首席指揮者、桂冠指揮者もつとめた。

また、読売によればオーケストラ・アンサンブル金沢 (OEK) を1988年に設立し、音楽監督をつとめた。

朝日、日経によれば、サントリー音楽賞、朝日賞、紫綬褒章日本芸術院恩賜賞、日本エッセイストクラブ賞などを受賞。日本芸術院会員。東京混声合唱団の音楽監督などを歴任した。

産経新聞によれば、2001年に咽頭がんが見つかっていた。読売によれば、今年になってからは指揮をするときに車いすを使っていた。OEKによれば、4月28日のOEK第200回定期公演では車いすで指揮をした。その一方、東京オペラシティ文化財団によれば5月28日の「オーケストラ・コンサート:武満徹の宇宙」の指揮をキャンセル、また東京フィルハーモニー交響楽団によれば6月4日の同団の第28回「午後のコンサート」の指揮をキャンセルしていた。

出典