舛添都知事 自宅の家賃を事務所費として処理

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2016年5月19日】

舛添氏(2014年撮影) CC-by-2.0

東京都舛添要一知事の政治団体が、舛添氏の妻が代表を務める事務所の家賃として、3年間でおよそ1600万円を払っていたことが分かった[1]

東京都内にある舛添都知事の自宅にはその妻が代表としている「舛添政治経済研究所」が存在しているが[2]、舛添知事が国会議員から所属してきた3つの政治団体からの収支報告書によると、2012年から3年間にわたり事務所の賃貸料として、合計でおよそ1600万円が「舛添政治経済研究所」に支払われていたことが判明した[1]

このうち、2012年から2013年にかけ、「グローバルネットワーク研究会」から毎月16万1000円、「新党改革比例区第四支部」から毎月28万1500円が、それぞれ支払われていて[1]、2014年4月からは、「泰山会」から44万円が払われている[2]

他にも、2014年1月に「舛添政治経済研究所」に支払われた28万円が、ハウスクリーニング目的として処理されていたという[1]

情報源[編集]

  1. 1.0 1.1 1.2 1.3 『舛添都知事政治団体、事務所家賃3年間1,600万円を妻代表の会社に』フジテレビ、2016年5月18日。
  2. 2.0 2.1 『疑惑続出、舛添都知事 自宅に事務所費』TBSテレビ、2016年5月19日。