福徳岡ノ場2021年噴火に伴う軽石による被害が拡大

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

【2021年11月22日】

小笠原諸島福徳岡ノ場は12日現在今なお噴火を続け[1]軽石を大量に放出している。その軽石は南西諸島や九州[2]、福徳岡ノ場に由来するかは不明のものも含めると関東[3]伊豆諸島[4]の海岸まで広く漂着し、各所に被害が出ている。斉藤鉄夫国交相は、軽石の撤去を行う自治体に対し、費用の一部補助を行うと表明した[5]

沖縄県[編集]

伊江村では、11日、欠航していた伊江〜本部の伊江村営フェリーが運航を再開[6]本部港に滞留する軽石に量が減ったからで、欠航が続いた影響で車の積み込みが満杯になり、キャンセル待ちが出ているという[6]

名護市では、普天間飛行場の辺野古への移設作業が一時中断した[7]。エンジントラブルが懸念され、土砂を積んだ船が接岸できないからだという[7]

伊是名島では、もずくアーサの養殖への影響が懸念されている[8]。15日以降には種付けをした養殖網を沖へ持っていく作業が控えていて、作業が滞ると今後の作業にも影響がでるという[8]

伊平屋島では11日、伊平屋島から運天港(国頭郡今帰仁村)を結ぶフェリーが、軽石を吸い込んだことによるエンジントラブルで、午後の便を取りやめた[9]。12日は通常運航をしたという[9]

この他、宜野湾市トロピカルビーチ浦添市の西海岸、那覇市那覇港など、観光地や重要港湾でも軽石の漂着・堆積が確認された[10]

鹿児島県[編集]

与論島では、10月13日ころから軽石が押し寄せ、海岸のほとんどを埋め尽くしてしまっている[11]。このため、発電用の重油を供給するためのタンカーが接岸できないでいた[12]。国交省は、軽石の回収のために海洋環境整備船「海煌」の派遣を決定した[13]が、悪天候のため11月19日現在では指宿市で足止めになっている[14]。また、海上フェンス(長さ160m、高さ8m)を与論港岸壁に設置して、内側の軽石を除去してタンカーの接岸に備えるとし、11日に作業が開始された[14]。15日にタンカーからw:ガソリンを、今月第4週にプロパンガスの供給を受ける見通し[14]

15日、およそ20日ぶりにタンカーが与論島に入港し、重油やガソリンなどの供給を行った[12]

10月30日までに奄美群島全市町村に軽石が漂着していて、10月29日に鹿児島県は対策調整会議を行った[2]

宮崎県高知県[編集]

戻りカツオマグロの漁場と軽石の漂流が重なり、出港時間を早めたり、漁場を変えたりして対応している[15][16]

東京都(伊豆諸島)・神奈川県[編集]

式根島[17]伊豆大島[4]などで漂着が確認された。黒潮に乗った軽石が例外的に早く漂着したものだという[17]。神奈川県鎌倉市七里ヶ浜藤沢市鵠沼海岸でも漂着が確認された[3]


情報源[編集]

  1. 『大量の軽石の原因、海底火山を観測 専門家「いまだに活発な状態」』, 朝日新聞、2021年11月12日。
  2. 2.0 2.1 『奄美全市町村で漂着確認 県が軽石問題で対策調整会議』, 南海日日新聞、2021年10月30日。
  3. 3.0 3.1 『神奈川の海岸でも軽石 120個発見、県が警戒強化へ』, 日本経済新聞、2021年11月22日。
  4. 4.0 4.1 『伊豆諸島でも軽石を確認、港にオイルフェンス準備…警戒を強化』, 読売新聞、2021年11月12日。
  5. 『港湾の軽石の撤去費を一部補助』, 共同通信社、2021年11月2日。
  6. 6.0 6.1 『伊江のフェリーが一部再開 住民ら「安心」 キャンセル待ちも』, 琉球新報、2021年11月12日。
  7. 7.0 7.1 『沖縄・辺野古の工事、軽石で一時中断 埋め立てやサンゴ移植』, 朝日新聞、2021年11月8日。
  8. 8.0 8.1 『軽石漂着 伊是名村もずく・アーサの育成への影響を懸念』, 沖縄テレビ放送、2021年11月11日。
  9. 9.0 9.1 『軽石が詰まり伊平屋島のフェリーが欠航』, 琉球朝日放送、2021年11月12日。
  10. 『軽石漂着「取っても取っても流れてくる」 宜野湾と浦添の海岸 茶色く濁る水面』, 沖縄タイムス、2021年11月12日。
  11. 『「島全体が停電する危険性も」 噴火でできた大量軽石、影響が拡大』, 朝日新聞、2021年10月29日。
  12. 12.0 12.1 『軽石で電力危機の与論島 タンカーが発電用重油を補給』, 朝日新聞、2021年11月15日。
  13. 『軽石漂着で与論島に回収船派遣』, 共同通信社、2021年11月7日。
  14. 14.0 14.1 14.2 『軽石の大群侵入を防げ 与論島の港に海上フェンス設置へ 国交省、タンカー接岸準備進める』, 南日本新聞、2021年11月12日。
  15. 『戻りガツオやマグロ漁にも軽石の影響 高知沖で漂流確認』, 朝日新聞、2021年11月12日。
  16. 『本県マグロ船も軽石影響 長期化、経営悪化懸念』, 宮崎日日新聞、2021年11月12日。
  17. 17.0 17.1 『軽石ついに東京の島に漂着 沖縄ビーチ一変 いつ関東に漂着...?』, フジテレビ、2021年11月12日。

関連ニュース[編集]


この記事は最後の査読を行っています
査読の手順についてはウィキニュース:査読をご覧ください。
公開の準備が整ったら、{{査読中}}テンプレートを{{公開中}}に貼り直してください。