短信:2015年/1月/20日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 1月20日の短信 >>翌日

  • (社会)イスラム過激派組織のイスラム国のメンバーとみられる覆面男が、72時間以内に身代金を払わないと、拘束する日本人を殺害すると脅した映像がネット上で公開された。この映像には、2014年拘束された湯川遥菜(はるな)さんと後藤健二さん(フリージャーナリスト)とみられる2人の日本人の男性がひざまずいている様子が映し出され、男がナイフをもって英語で「日本の総理大臣へ。日本はイスラム国から8500㎞以上離れたところにあるが、イスラム国に対する十字軍に進んで参加した。我々の子供を殺害し、イスラム教徒の家を破壊するために1億ドルを支援したから、この日本人の男の解放には1億ドルかかる。また日本はイスラム国の拡大を防ごうとさらに1億ドルを支援した。よってこの男の解放にはさらに1億ドルがかかる」と、2人の解放に2億ドルを支払うように訴え、また「日本政府はイスラム国に対抗するために、おろかな決断をした。2人の命を救うために、政府に2億ドルを払う決断をさせるために圧力をかける時間は72時間だ。さもなければ、このナイフが悪夢になる」と、殺害を予告するコメントを出している - NHK
  • (スポーツ・ひと)柔道ロサンゼルスソウルの2つの五輪で、金メダルを獲得した斉藤仁氏が1月20日、肝内胆管がんで亡くなった。54歳。国士舘大学時代の1983年に世界選手権無差別クラス優勝。1984年のロス五輪と1988年ソウル五輪で2大会連続95㎏超級金メダル。ロス五輪無差別級の金メダリスト・山下泰裕氏とはライバル関係にあり、数多くの名勝負を繰り広げるも、山下氏からは1勝も挙げることができなかったため「山下に次ぐ男」といわれた - 読売新聞毎日新聞
  • (社会)政府は1月20日、自転車運転における14の危険行為を定めた施行令を閣議決定した。2013年6月に改正道交法が成立し、危険行為を繰り返した運転者は安全講習を受けることが義務づけられた。今回、3年以内に2回繰り返した14歳以上が対象と決まり、今年6月1日の施行となった - 朝日新聞東京新聞読売テレビ

2015年1月20日の記事

  • この日の投稿はありませんでした。