短信:2014年/7月/23日

出典:『ウィキニュース』(ベータ版)
ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは、さまざまなニュース短信を掲載します。

  • 初めて短信へ投稿しようとするときには、まずガイドラインを読んでください。
  • 日付ごとにそれぞれのページに追加します。日付は追加した時点の日本時間 (UTC+9) を基準とします。ただし、日本国外における出来事である場合、原則として発生日を「現地時間○月○日」と書くようにしてください。(UTC15:00=JST00:00を過ぎた段階で、原則として新しい日付の短信に記するようにしてください)
  • 事件・事故記事に関しては、プライバシーには十分に配慮し、私人については極力氏名を伏せて記入するようにしてください(公人の場合は例外です)。
  • 追加の基本フォーマットは次の通りです。
    *(分野カテゴリ)短信本文 - [http://(情報源URL) 発行者]
    • 代わりに{{短信F}}を使ってフォーマットを作る事もできます。
  • 分野カテゴリは次の中から選択します。
    • 政治—経済—社会—文化—スポーツ—学術—ひと—気象—脇ニュース
  • その短信に一致する記事が作成されたら、{{N|記事名}}を行末に置いてリンクしてください。公開前でもかまいません。
  • 短信であっても、著作権には十分配慮する必要があります。また、情報源に書かれていないことは書かないでください。

前日<< 7月23日の短信 >>翌日

  • (社会)脱法ドラッグの社会的な危険性の認識を高める目的で、日本の警察庁が募集した新しい呼称について、「危険ドラッグ」とすることを発表した。近年、脱法ハーブなどの脱法ドラッグに関係する事件が相次いでいることを受けて、「脱法ハーブ」だと麻薬などと似た作用があるにもかかわらず、「危険な薬物ではない」と誤解を与えかねないとして、これに代わる新しい呼称に変更しようとホームページで募集し、約8000人から意見や新しい名称案が寄せられた - NHK
  • (スポーツ)Jリーグは、クラブライセンス制度に基づくJ1J2各リーグに属する40クラブの財務状況を発表し、2012年から2期連続赤字経営となっている5クラブ(J1の2クラブとJ2の3クラブ)については、経営改善が進められ、3期連続赤字は解消される見通しとなった。一方債務超過に陥っている11クラブのうち10クラブは親会社からの補てんや地元企業・団体などから出資を受けて債務超過を解消しているか、解消見通しが立っているが、J2のアビスパ福岡は現時点で債務超過解消のめどが立っておらず、Jリーグの大河正明常務理事は「債務超過にならないようにスポンサーを探すなど努力している。9月のライセンス審査開始までに改善するよう注意深く見守っていく」としている。Jリーグクラブライセンス制度の規定では2012年から3期連続赤字か、今年度末に債務超過となっているクラブはJ2リーグ以上に参加できなくなる - NHK